見出し画像

上田市公式noteについて

はじめまして!長野県上田市の公式noteです。
人口約16万人が住むコンパクトな中核都市「上田」。

上田といえば真田幸村が有名ですが、明治時代から大正時代にかけては「蚕都」と称されるほど蚕糸業が盛況で、生糸・蚕種を欧州に輸出して世界のシルク産業を下支えした歴史があります。
その後、蚕糸業は時代の流れと共に衰退しますが、蚕糸業に活かされた技術的な基盤やパイオニア精神は機械金属工業の分野に伝承されました。
現在は、自動車・電器産業を支える製造業や、斬新なアイデアと確かな技術の融合を進める産学官連携等が盛んです。

また、上田は都心ともアクセスしやすく、ビジネスの立ち上げリモートワークにも適した街。
上田市創業プラットフォームでは、2016年度から女性を対象とした創業支援事業を実施、セミナーやスクール、座談会といったイベントを毎年開催して女性による起業をサポートしています(2016年度から2021年度までの参加者は合計580名)。
また、自然環境に恵まれたコワーキングスペース「+519work&lodge(上田市技術研修センター)」の運営にも着手(6月のオープンに向けて目下準備中)。

このnoteでは、多くの人の「上田で創業」「上田ではたらく」を応援すべく、女性の創業支援に関するイベントやコワーキングスペースの運営状況移住支援を中心とした情報を提供していきます。
どうぞよろしくお願いします。

画像1
上田市民の山として親しまれる「太郎山」からの風景(筆者撮影)



上田市創業支援プラットフォーム/
一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター(AREC)
note担当

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
+519worklodge (移住×起業×はたらく)|長野県上田市公式note
長野県上田市は東信州の中核都市。生糸・蚕種を欧州に輸出して世界のシルク産業を下支えした歴史を持ち、現在は自動車・電器産業を支える製造業や、斬新なアイデアと確かな技術の融合を進める産学官連携等が盛んです。女性創業支援にも注力し、「上田で創業」「上田ではたらく」を応援します。