+519worklodge (移住×起業×はたらく)|長野県上田市公式note
上田市移住交流推進課の担当者に聞く「上田の魅力」「移住支援」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

上田市移住交流推進課の担当者に聞く「上田の魅力」「移住支援」

テレワークの普及で、地方移住への関心が高まっている昨今。
移住先として上田が注目されているという声も耳にしますが、
上田にはどんな特徴があって、どんな暮らしが期待できるのか・・・
疑問に思っている方も多くいらっしゃると思います。

そこで、上田市 市民まちづくり推進部 移住交流推進課小井戸直子氏林英夫氏に、「上田の魅力」「上田での生活」「今年度力を入れたい移住支援」についてお話を伺ってきました。

上田に住んでみたいと思っている方、上田市について興味がある方はぜひ参考にしてください。



「上田は旅によし、住んでよし」
上田市 市民まちづくり推進部 移住交流推進課
縁づくり担当係長 兼 移住定住推進係長
小井戸直子氏

【上田の魅力について】
「大学進学で県外に出ましたが、生まれも育ちも上田市です。
上田を出た際に上田の良さ、特に「他の地域にはないコンパクトさ」「便利さ」を実感しました。
まず、駅やお城(上田城址)の近くに映画館や文化施設、商業施設、行政機関などが集約されていて効率的という点。渋滞も少ないのでスムーズに移動できるというメリットもあります。
また、上田は真田家で有名な城下町でもあり、風情や文化があふれ、歴史や風土が根付いている街です。観光資源も豊富で、別所温泉や菅平高原、美ヶ原高原などの観光スポットが市街地から1時間以内の場所に位置しています。農地もふんだんにあり、農業体験や農村体験にトライしていただくことも。
加えて、「晴天率が高い」という特徴もあります。今の時期(5月中旬頃)は新緑と青空とのコントラストが美しい。年間を通して空気も澄んでおり、自然の景色を楽しんでいただけるでしょう。
首都圏とのアクセスが良いという魅力もありますね。新幹線や高速道路を利用すれば、日帰りで行き来できます。
医療体制も整っており、信州上田医療センターのほかに個人病院もたくさんあります。幼稚園や保育園、小中学校、学童保育施設も多く、子育て支援に関連した施設も充実しています。
観光地としての魅力だけでなく、住む場所としての魅力も多く、上田は「旅によし、住んでよし」の街だといえますね。」

新緑の季節の上田城址公園。みずみずしい若葉の色が美しく、青空との対比も見どころです。
樹々は徐々に深い緑色に変化し、紅葉→落葉→雪景色へと移り変わっていきます。


【今年度の移住支援政策の目玉について】
「移住支援政策は市のホームページにも掲載していますが、今年度は新規事業として検討しているオンライン交流サイトを活用して、より踏み込んだ相談や、市民協働による交流を推進していきたいと考えています。

新型コロナ拡大後、オンラインの便利さがより顕著になりました。首都圏など遠方に住んでいる方でも、ちょっとした相談をオンラインでできる。
オンライン移住相談もおこなっておりますし、オンラインセミナーの活用などにより上田市の魅力を幅広くプロモーションしたいと考えております。
実際に目に触れていただく機会が大切。ちょっと触れていただいて、その先に移住を考えていただければ大変嬉しく思います。」



「地域交流アドバイザーやオンライン交流サイトによる支援を強化したい」
上田市 市民まちづくり推進部 移住交流推進課
課長補佐 兼 移住定住推進係長
林英夫氏

「上田市街の光景は、首都圏郊外の風景と似通った部分があると考えています。都会とのギャップをあまり感じることなく田舎暮らしを実現できます。山里や農村風景など、それぞれ希望される暮らし方を選択できるのではないでしょうか。上田市移住交流推進課が運営しているTwitterでは上田の日常風景を紹介していますが、上田をいかにアピールするか、さらに皆さんの目に触れる機会を増やす必要があると考えています。

新型コロナ前は「移住者交流会」を開催し、縁づくり、仲間づくりをしていました。こちらはコロナ禍の状況を見ながら再開したいと考えています。
また、地域内外の交流をサポートする地域交流アドバイザーの存在は、移住前だけでなく、移住後に地域に溶け込む支援にもなります。

移住者が疎外感を感じないように、イベントや地域活動等を通じて地域や地元の人に結びつける。
上田に住む人の人柄の良さや、地域の温かさを、地域交流アドバイザーやオンライン交流サイトを通して市民と一緒に楽しみながら、心地よい地域を知っていただくことができれば、ということが今年度特に力を入れたい点です。」


上田市 市民まちづくり推進部 移住交流推進課の小井戸直子氏と林英夫氏に、「上田の魅力」や「今年度特に力を入れたい移住支援」などについてのお話を伺いました。
お二人ともお忙しいなか快く取材を引き受けてくださり、貴重かつ盛沢山なお話を聞かせていただきました。ご協力誠にありがとうございました!

今年度の移住支援のキーポイントとしてオンライン交流サイトが挙げられていましたが、このnoteでも関連情報をお届けしていきたいと考えております。

ちなみに筆者も移住者のひとりですが、小井戸氏がおっしゃった「上田のコンパクトさ」「便利さ」についてはただただ頷くばかり。
記事でも紹介しましたが、街の主要施設が上田駅と上田城址の周囲に集まっているので、車だけでなく自転車や徒歩でも移動しやすい。「動線が良い」というのが上田の大きな魅力と思っております。
自然や歴史・文化を堪能できる観光スポットも満載ですので、ぜひ一度足を運んで上田の魅力を体感し、移住も検討していただけると幸いです。




上田市創業支援プラットフォーム/
一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター(AREC)
note担当



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
+519worklodge (移住×起業×はたらく)|長野県上田市公式note
長野県上田市は東信州の中核都市。生糸・蚕種を欧州に輸出して世界のシルク産業を下支えした歴史を持ち、現在は自動車・電器産業を支える製造業や、斬新なアイデアと確かな技術の融合を進める産学官連携等が盛んです。女性創業支援にも注力し、「上田で創業」「上田ではたらく」を応援します。